haruharu(もえママ)

Powered by Six Apart
Member since 02/2010

I Come with the Rain Feed

08-04-23

カンヌ映画祭へ

来月14日から世界的な映画祭、フランスのカンヌ国際映画祭が開催されます。

韓国の俳優さんでレッドカーッペトを歩くのは誰か、ぼちぼち話題になりかけていますが、ビョンホンさんが2度目のカンヌのレッドカーペットを歩くのが現実に近づいて来たようです。

『ノムノムノム』と『I Come with the Rain』この2作が同時にカンヌ映画祭で上映される可能性がとても高いようです。

『甘い人生』で初めてレッドカーペットを歩いたビョンホンさん。

ちょうどあの頃からビョンホンさんのハリウッド進出の話が具体化してきたんですよね。

そして今、ハリウッドの作品を撮影している・・・・・また『I Come~』も米仏合作で初めての外国映画出演作品です。

確実にあのレッドカーペットから前進しているビョンホンさん。

是非是非、また国際舞台で華やかな姿を見せて欲しいです。

早く正式な決定の報告が聞きたいですね。

ちなみに、他の作品の俳優さんで名前が挙がってるのはチョン・ドヨンさん、そしてソン・ヘギョちゃんです。

以下、関連記事を紹介しています。

Continue reading »

07-08-23

ビョンホンニムin香港

最近、どうもPCの調子が良くないのです。

昨日も公式発表のニュースをUPしようとしたら、書き終わったとこらへんでエラーが出て全部消えてしまいその後書き直す気力がなくなっちゃいました。

なので、しばらくはPCのご機嫌を覗いつつの更新になりますので、ご了承願います。


『I come with the Rain』出演の公式発表があり昨日は朝から日本でもこの映画に木村拓哉が出るということが報道されていましたね。


JOFCのお知らせには、簡単なストーリーとビョンホンさんがキャスティングされた理由などが書かれていました。

監督がビョンホンさんをキャスティングした理由も素晴しいと思ったし、ビョンホンさんがこの作品へ出演を決めた理由も彼らしくてとっても好きです。


◎トラン・アン・ユン監督、「イ・ビョンホンを初めて見た瞬間、感嘆詞を連発」(innolife)◎

色んな意味で楽しみな映画ですが、このスー・ドンポというマフィアのボス役・・・

私が一番興味を惹かれたのは、冷酷残酷な顔を持つ一方で、愛する女性には限りなく優しい人物というところです!

愛人には弱いマフィアのボス・・・・すごく見て見たいですね。

どんなんなでしょう~(妄想)。


Continue reading »

07-08-20

イ・ビョンホン、米仏合作映画でジョシュ・ハートネット-木村拓哉と共演

公式にはまだ発表が無いまま、撮影に入ったようですね。

以前から、出演するという話があったビョンホンさんのハリウッド進出作品『I Come with the Rain』

17日にビョンホンさんも香港入りして撮影に合流したというニュースが出ています。


◎朝鮮日報の記事◎

◎映画専門サイト「IMDb」


発表こそまだだけど、7/12のイベントでもビョンホンさんの口から直接「「僕の大好きな監督の作品」ということが告げられ香港で撮影があるようなことを言われましたよね。


なので、映画の話事態は驚かなかったんですが、共演者に木村君の名前があったのでこっちはえっ?って思いました。(但し、「IMDb」サイトには出演者のところにTakuya Kimuraという名前は載っていません。)

両方「準主役」って報道されたので、心配される声もちょっと耳にしたのですが、私はビョンホンさんが木村拓哉に演技で負けることは絶対ないって思うので、また共演するのは楽しみですね。

主役でも準主役でもその下でも、作品の中で強烈な印象を残してくれると思いますし、知ってる共演者がいるだけでもビョンホンさんも楽しいでしょうし!

何より木村君が出ることで、作品の日本での取り上げられ方が全然違いますから、撮影の風景なんかもニュースで見る機会があるかもしれません。ラッキーと思っていいのでは?


ところで、主演のジョシュ・ハーネット君。

ご存知でしょうか?

Josh_hartnett 「パラサイト」「パールハーバー」「ブラックホークダウン」などに出演している俳優さんなので、顔はご存知の方も多いかもしれませんね。

私は「パールハーバー」が印象的です。

ペン・アフレックの親友役でした。


ハリウッド作品だけど、フランスの監督が撮る映画・・・。

ビョンホンさんの好きな監督・・・。

どんな作品になるのかとっても楽しみです。

でも、奴らの方もまだ撮影は多分続いてると思うので、二つの作品の掛け持ちは精神的にも大変だと思います。切り替えが大変ですし、そういうのが得意な俳優さんもいるけど、ビョンホンさんはどちらかというと一つに集中したいタイプですものね。

頑張ってもらいたいですね!