haruharu(もえママ)

Powered by Six Apart
Member since 02/2010

映画の話 Feed

11-03-31

2月・3月の映画

いつものことながら、久しぶりの更新です。

震災や原発の問題で不安な日々ですが、皆さんお変わりなくお過ごしですか?

東の方にお住まいの方々は今まで経験したことのない生活で色々とご苦労されていると思います。本当に毎日お疲れ様です。

私は自分に出来ることをやっていこうと思います。

何も出来ないけど・・・ここに来て下さる方が少しでも楽しい気分になって帰って頂けたら嬉しいと思い、これからもうちょっと頑張ってブログ更新して行こうと考えています。

さて、2月に劇場で見た映画のことを書きかけて・・・・そのまま1カ月放置になってしまいました。

それで・・・3月に見た映画も一緒にあげておきます。

いくつかの作品に関しては詳しく書きたいのですが、今どうしても時間がなくてとりあえずタイトルだけあげておきます。

びっくりしないでください^^;


<2月に見た作品>

movieバンジージャンプする

movieグッドバッドウィアード

movie毎日かあさん

movieザ・タウン

movie洋菓子店コアントル

movieヒア・アフター

movie君を想って海をゆく


以上7本でした~。


<3月に見た作品>

movie男たちの挽歌(韓国版)

movie悪魔を見た

movie一万年愛してる

movieハウスメイド

movieThe Savernt(春香秘伝)

movie単身男女

movie息もできない

movieモンガに散る

movieデザートフラワー

movieソウルキッチン

movieウッドストックがやってくる


以上11本でした~。


2月はメジャーな映画も見てますが、3月はタイトル見てもわからない~って思われる作品が多いでしょう?

今、ミニシアターに嵌っています。

1本見に行くと、そこでチラシやポスター、予告を見て次々見たい作品に出合います。

全部がアタリというわけではないけど、良い作品がたくさん小さな劇場で上映されています。

しばらくミニシアター中毒から抜けれそうにありません。


今年は私にとって変化の年かもしれません。ここ数年は韓国映画にどっぷり浸かっていましたが、少し違う方向にも目が向いてきた感じです。3月の映画を見ても、韓国、中華圏、ヨーロッパ圏・・・と幅を広げてきてます。

また3月は、大阪アジアン映画祭があったので、日本初公開・・・という4つの作品を見れてとても嬉しかったです。

心に留まった作品については必ずご紹介しようと思いますのでもう少しお待ち下さいね。


関東の方は今は映画もゆっくりご覧になれない状況かもしれません。

だから見れる私は頑張って見に行こうと~って思っています。





11-03-11

ハウスメイド(原題:下女)

『ハウスメイド(原題:下女)』(2010 韓国)

監督 イム・サンス

O0377054010494374506_2

昨年、カンヌ映画祭でも上映されたこの作品。今回日本初上映でしたが夏以降にはギャガの配給で日本公開が決まっています。

韓国の古典映画の傑作といわれるキム・ギヨン監督の作品を現代版にリメイクした作品。

上映前に監督の舞台挨拶がありました。

イム・サンス監督、ゆっくりとした口調ですがとても面白いお答えをされる方でした。
この作品に関しては、今後ご覧になる方もたくさんいらっしゃるでしょうから、監督のお話の紹介を主に書いていきたいと思います。

この作品は韓国映画の傑作中の傑作と言われる作品のリメイクですが、キム・ギヨン監督の「下女」をリメイクするにあたって・・・・・

イム・サンス監督のお父様は映画記者だったそうで、実はお父様がギヨン監督の作品を酷評したことで監督が新聞社に怒鳴りこむ・・・というエピソードがあったそうです。

そして、今回ベテランのメイド役で出演されたユン・ヨジョンさんは20代の頃はキム・ギヨン作品にばかり出演された女優さんだそうです。

そのようなことに縁を感じるというようなお話でした~。


主演のチョン・ドヨンさんについての監督のお話

なぜチョン・ドヨンをキャスティングしたかというと、美容整形大国の韓国では女優さんは皆同じような顔をした人が多いの(同じ病院でしてるのか~?っというようなこと言われて笑わせて下さいました)にドヨンさんはもっとも自然な顔をしている女優さんなのでキャスティングしました。

チョン・ドヨンさんは結婚して最近出産されましたが、演技以外は何も出来ない人です。

演じるために生まれてきた人です・・・・とズバッとおっしゃいました。

ヌードシーンがたくさん出て来ますがそのような場面でのドヨンさんの潔さもお話されました。

では、イ・ジョンジェさんのキャスティングについては・・・・

当初、この主人の役にはイ・ジョンジェよりもっと若い俳優をイメージしていました。

キャスティング前に会う機会があり脚本を読んだ彼が是非やりたい、ギャラがなくても何でもやるので出演したいと言ってきた時も他の俳優を考えていた。

その後1カ月間10人のイ・ジョンジェより若く人気もある俳優に交渉したがすべて断られた。

それで、イ・ジョンジェのことを思い出したが、若い俳優たちとイ・ジョンジェのようにキャリアも実力もある俳優ではシナリオを読む視点が違うようだと気が付いたとおっしゃっていました。

う~ん、なるほど^^


監督は今までも女性をメインに描いた作品を撮ってこられましたが、なぜですか?

僕は韓国の男尊制度にずっと疑問を持って来ました。韓国だけでなく全世界で男性が作った歴史と言うのは失敗だと思います。

なので、女性のお話を撮ります。


ざっと、こんな感じのお話だったのですが、これを上映前に聞いたので作品を見る上でとても参考になりました。

P01_1

ストーリーは離婚した女性がある富豪の豪邸に住み込みのメイドとして働くことになります。

豪邸には、先輩のベテランメイド、双子を妊娠した妻、小学生くらいの女の子、そして主人が住んでいます。

ある日そのメイドが主人と不倫関係になってしまい、妊娠してしまうことをきっかけに邸宅で巻き起こる人間関係を描いたお話です。


冒頭部分では、韓国の街の中で働く女性たちの姿が映し出されます。

生活のために必死に日々生きる女性の姿、対照的にその喧噪のなかで飛び降り自殺する女性の姿・・・・。

監督のお話が思い出されました。

この作品は社会の低層で生きる人々の不条理、そして男性がすべて思いのままに出来る社会への批判が強くメッセージとして感じられます。

ラストシーンはそれを再び問題提起するような終わり方になっていると感じました。


イ・ジョンジェがそれを象徴する役柄を演じていて、今までと全く違うキャラクターなのでびっくりします。確かに若くて旬の男優はこの役受けないだろうと思いました。

結婚した後に選んだ作品がこれだったチョン・ドヨン、本当に勇気があって潔くすごい女優だと思います。

そして、ベテランメイド役のユン・ヨジョンさん~(クムスンのおばあさん)

この女優さんが出てくると、怖さと笑いと両方が絶妙。善人なのか悪人なのか・・・どっちなのかと・・・・上手いですね~。

ラブサスペンスに分類される作品ですが、社会の暗部に切り込んだメッセージ性の高い作品です。

Continue reading »

一万年愛してる

『一万年愛してる(原題:愛你一萬年)』(2010 台湾)

監督 北村豊晴

O0612041111099395197

この作品は台湾F4のヴィック・チョウ主演ということで、チケット発売即日、2回分の上映チケットが完売してしまったんです。すごく人気がある方なんですね^^

それで、唯一追加上映されることになり、運よく追加分が取れました。

本来、19時~の『ハウスメイド』がオープニング作品なのに、それより先にABCホールで上映されることになりました。

どんな映画なのかもヴィック・チョウという人も知らずに見に行った作品ですが、とっても好きな作品になりました。


まず、この映画は台湾映画ですが、日本人の北村監督(台湾在住)の長編初監督という作品です。

日本ロケあり、日本語セリフもたくさんあって親しみやすかった。

恋人のプロポーズを断って、日本を飛び出し台湾にやってきた女性と、ロックバンドを組んでいる台湾人の若者。3カ月しか滞在できない彼女と、3カ月以上は恋愛を続けたことのない彼が出会い、3カ月限定の恋愛関係を始める……。

と・・・いう感じでストーリーが展開して行きますが、冒頭が琵琶湖の遊覧船ミシガンの上で始まり、彼女の住んでいるのが信楽焼の信楽・・・・めちゃくちゃ私には身近な場所です。

両親の役の俳優さんは関西でも有名な方。関西弁だし~!

監督さんの演出がとても面白くて、基本はラブストリー。そこに笑いのセンスがいっぱい詰め込まれてでもしっかりホロっとさせる場面も心得ていて面白い作品でした。

所々に差し込まれたコントみたいな場面、恋におちて一緒に暮らし始めた二人のラブシーンもその場面を撮らずに、ベッドの上で関係ない人たちが踊るシーンを見せることで表現したり~。

そして、この映画のタイトル「一万年愛してる」は歌のタイトルなんです。

ロックバンドのボーカルである主人公が劇中に歌う感動的な曲。

実はジュリーの「時の過ぎゆくままに」のカバー曲です。

これにすっかり嵌ってしまいました~。

名曲はいつの時代にも名曲なり~!

OST欲しい!

O0612041111099721933

ヴィック・チョウはもちろんカッコ良かったけど、

ヒロインの加藤侑紀ちゃんがはつらつとしてて良かったです。

日台ハーフなんだそうで、中国語がどうりで上手なはずです。

この映画の中で一番共感したシーン。

終盤で中国語の研修を終えて試験を受けた彼女が、

「なぜ中国語を勉強するのですか?」という質問にこう答えます。

「私の唯一の特技が中国語です。初めは自信がなかっかけど、素晴らしい人たちとの出会いで勇気と自信を持てました」。

語学を学ぶのは大変です。

私は韓国語なかなか上手になれないけど、それでも長く続けていれば

少しは韓国の人と話が出来るようになったし、

話も半分ほどは聴き取れる・・・全くゼロではない。

英語よりははるかに得意と言える・・・・。

多分、一人ならとっくに挫折していたと思う。

でも好きなものがあるから・・・・

またそれを通してたくさんの素晴らしい出会いがあったから続いているのだと思います。

笑ってたくさんの勇気をもらえる元気いっぱいの作品でした~。

北村監督、これが長編デビューだそうなので、今後の作品がもっと楽しみです。


予告編http://www.youtube.com/user/OAFF2011#p/u/0/_ys_iShb8o0

予告編のほかにMVも続いて入ってるので是非「一万年愛してる」聴いて見て下さい。

11-03-10

大阪アジアン映画祭2011レポ

2月に見た映画の紹介と今月見た「悪魔を見た」「男たちの挽歌」について先に書こうと取りかかっていたのですが、先週末から始まった「大阪アジアン映画祭2011」について先にレポしていこうかと思います。


5日(土)より始まっていた映画祭ですが、

オープニング作品の上映は9日の夜の韓国映画『ハウスメイド』でした。

この作品の上映前にはオープニングのセレモニーがABCホールで行われました。

私は『ハウスメイド』を見るために行っていたのに思いがけずのセレモニー。

なんと、行定勲監督と韓国のキム・デウ監督、そして映画評論家のミルクマン齋藤さんが登壇されました。
まさか行定監督に会えるなんて~ラッキーでした^^

さて、昨日と今日で4本見て来ました。

『一万年愛してる』(台湾)

『ハウスメイド』(韓国)

『The Servant 春香秘伝』(韓国)

『単身男女』(香港)


今回の出品作・・・とても見たい作品がいっぱいでしたが、

なかなか時間がうまく合わずに今のとここの4本です。

4本とも大満足~!どれも日本でどこよりも早く上映された作品です。

今年は中華圏の作品にもとても興味があります。
韓国映画とはまた違った魅力を探してみたいと思います。

また監督の舞台挨拶があったりサプライズありでとっても幸せな2日間でした。

別枠で個々にご紹介していきたいと思います。

11-02-15

大阪アジアン映画祭2011

もっと早くお知らせしなきゃと思いながら・・・・

遅くなってしまいもう前売りチケットの発売も始まってしまいましたが、

来月3月5日(土)~13日(日)まで大阪で注目の映画祭があります。

「大阪アジアン映画祭2011」です。

公式サイトはこちら


アジアの映画が集結しますが、韓国映画も良い作品が上映されます。

特に特別招待作品として日本初上映のこの2本~私にはとっても嬉しい作品となりました。

オープニング作品として上映される

ハウスメイド(原題:下女)』

O0377054010494374506

昨年、韓国映画の古典的名作をチョン・ドヨンとイ・ジョンジェでリメイクした作品。

そして、もう1本も古典「春香伝」を新しい解釈で作って昨年大ヒットした作品、

『The Servant 春香秘伝(仮題)  The Servant (原題:房子伝)』

F0012834_13545072

私が去年の夏、どうしても見たくて韓国で見てきた作品。

キム・ジュヒョク主演です。


どちらも東京より先に日本初公開っていうのが嬉しいheart02

どっちも字幕なしで見てるので字幕があるのは非常に嬉しいです!

正直『房子伝』は日本で上映があるとは思わなかったから知った時は飛び上るほど嬉しかったです。


そのほかにも韓国映画は、「韓国映画傑作選」として、

オリジナル版の『下女』(1960年キム・ギヨン監督)と韓国映画の傑作と言われるアン・ソンギ『鯨とり』(1984年ペ・チャンホ監督)の2本が上映されます。

他にもコンペ部門では、『息もできない』のヤン・イクチュンと、キム・コッピが出演している『マジック&ロス』(2010年/日本・マレーシア・韓国・香港・フランス)が上映されます。

中の島のABCホール九条のシネ・ヌーヴォの2か所がメイン会場になっています。

詳しい映画情報、スケジュールは公式サイトで確認してくださいね。

他にも日本、台湾、香港、インドなどなど・・・たくさんの映画が上映されます。

小さな村の小さなダンサー

T0009006p

今年初めて京都シネマに行ったときにフロアに掲示されていたこのポスター。

この男の子のなんとも言えない表情に惹かれてチラシをもらって帰りました。

どんな映画なのかなと思ったら、毛沢東政権の時代にいなかの村から選ばれ北京に連れてこられバレエダンサーとなった男性の実話でした。

原題は『毛沢東の最後のダンサー』です。

この少年の顔と文化大革命の時代を描いていることに興味がふつふつと沸いて絶対見ようと思った作品でした。

詳しいストーリーはこちら公式サイトを参考に・・・。


この映画、すっかり中国映画だと思って見ていたのですが、

途中から「これって、中国で作れる作品じゃないなぁ・・・どこの作品?」っと疑問がわいてきました。

終って確認したらオーストラリアの監督が作った映画でした。

監督はブルース・ベレスフォード。代表作は『ドライビングMissデイジー』ですよ~。アカデミー賞の作品賞獲ってるすごい監督さんだったんですね。

冒頭では、村の小学校に才能のある子供を求めて党の中央の人がやってくるところが描かれます。選ばれてから北京へ行くまでの過程、北京での過酷な練習、思想教育・・・。

これは、中国だけでなく、北朝鮮や共産国でみな共通することなんだと思います。

この作品を見ながら私にはかつてのルーマニアの体操選手、コマネチの姿が思い浮かんできました。

また文化大革命で弾圧された芸術家や文化人、教師なのどの話をいままでいくつかの本で読んだことがありますが、この映画でも古典バレエの素晴らしさを子供たちに教えたいと願う先生が学校を追われる場面や「ジゼル」を見た毛沢東の夫人江青女史が気にいらずもっと政治的なバレエを強要するところが描かれています。

銃を持ち赤い旗を掲げる紅衛兵が活躍するストーリーの革命を描いたバレエのシーンは本当に心が痛み、いまだにこのようなことをしているあの国を連想させました。


やがて、毛沢東政権が滅び新しい時代がやってきます。

機会にめぐまれアメリカへ行くことになった主人公はここで、カルチャーショックを受けます。

こうして、自分の祖国、教え込まれてきた思想に初めて疑問を持ち始め亡命する芸術家たちアスリートたくさんいますね。

でもそれがどれほど大変なことか・・・。

国を捨てると言うことはそこに至るまでもその後も大変なことです。

とても興味深いストーリーでしたし、バレエのシーンは芸術性がとても高く見事でした。

主人公を演じている3人は現在も活躍中の本当のバレエダンサーや体操をしている男の子・・・みんな演技は慣れていない人たちでしたが演技も素晴らしく、またダンスの場面は言うまでもなく本当に素晴らしかったです。

政治的なストーリーとバレエという芸術との見事なバランスで最後までぐいぐい引っ張られました。

久々に上質の映画を見たなという気がして、見終わった後とても充実感がありました。

それから、亡命を手助けするアメリカの弁護士役にカイル・マクラクランが出ていて「あれぇ~懐かしい!」って思いました。

この人と言えば、昔必死に見た『ツインピークス』です。

もう上映してるところは少ないと思いますが、機会があればぜひご覧下さい。

11-02-01

1月の映画

昨年は、ちょっと事情があって・・・・・

なかなか昼間に映画館に行くことが出来ませんでした~。

今年になってその反動のように映画館通いをしています。

なんと1月映画館で見た映画は8本。

それで、今年は1カ月ごとに見た映画のタイトルをここに記録しておこうかと思います。

2011年1月に劇場で見た映画


movieスプリング・フィーバー

movieアイリス THE LASAT

movieソーシャルネットワーク

movieアンストッパプル

movieK-POPドリームコンサート

movieハーモニー

movieわが心のオルガン

movie小さな村の小さなダンサー

この中で私の一押しは『小さな村の小さなダンサー』。

『ハーモニー』もお薦めですが、どちらか選ぶなら『小さな村の小さなダンサー』かな?


この2本については後でもう少し詳しく触れますね。『スプリングフィーバー』については以前書いてるので、それ以外について簡単に・・・・。

ハリウッドの映画も2本あります。

『ソーシャルネットワーク』・・・・話題の映画ですね。このIT時代を象徴するようなストーリー。

派手な俳優さんも出てませんが、なかなか深い映画でした。若者のサクセスストーリーかなと思って見に行ったのですが、こういう世界で成功した人って寂しいなぁ~と感じました。

ラストの終わり方が物足りないと思ったのですが、あれはあれで良かったのかな?

『アンストッパブル』・・・・何も考えずに楽しめるハリウッド映画です。

デンゼル・ワシントンの存在感が光る作品、やっぱりカッコイイです。



ビョンホン作品2本あります。

京都みなみ会館でやっているイ・ビョンホン特集

現在2週目です。1週目『甘い人生』行きたかったのに1日1回1週間限定なのでどうしても行けませんでした^^;

『わが心のオルガン』はスクリーンでは初めて見ました。

久々に見ましたがこういう普通の青年の役、やっぱりいいなぁ~。

ああいう昔の田舎の風景も人たちも大好きな作品です。

何度見てもこのチョン・ドヨンはすごい~彼女しかこの役は出来ないんじゃないかな。

『アイリス』はこの前も触れましたが、私にはどうにも納得いかない作品(作品っていうのかなぁ~?)。映画のジャンルに入るのか・・・。

もうひとつ映画に入れるべきでないかもですがスクリーン上映してる『K-POPドリームコンサート』を見ました。

見たかったFTIslandとCNBLUEが1曲であっという間に終わってしまって少し不満でしたが、普段ちゃんと見たことないアイドルグループをちゃんと見ました~。

以外に良かったのがスーパージュニア。面白い~^^

たくさん出てきたけどやっぱり歌が上手いのはFTのホンギとダビチ、そして2AMくらいでした。
最近、コンサートを映画館で上映するというの増えています。

今回は色んな歌手が出るコンサートでしたが、自分の好きな歌手だけのコンサートならかなり嬉しいかも~!

見ながら、これがスンフンやムンセオッパならどんなに楽しいだろうなぁ~って思いました。

もちろん、ライブは生がいいに決まってるんですけどね。



たくさん映画を見るために・・・・安く見れるように映画館の会員にいくつかなりました。

会員期間中は全部1000円だったり、ポイントが貯まると招待券もらえたり色々と特典があります~。

11-01-15

今年最初の1本 『SPRING FEVER スプリング・フィーバー』

先週、今年初めての映画に行ってきました。


韓国映画でもなく~

邦画でも、ハリウッド映画でもない・・・

中国映画でした。

中国の映画を見るのは最近では(って言っても随分前)、

『インファナルアフェア』のシリーズ以来でした。


お友達の話を聞いて、

久々に見て見ようと思ったのが

『SPRING FEVER スプリング・フィーバー』でした。

映画『スプリンク・フィーバー』

Continue reading »

11-01-11

エンタメ三昧 ラストは映画『黄海』

韓国へ行ったら最低1本は映画を見る・・・・

これは最近の一番の楽しみ。

今回は、ちょうど映画『黄海』の公開と時期が重なり舞台挨拶がありそうだ~っとうことで楽しみにしていたのでした。

私が行けそうなのが帰国日の午前中しかなかったので

行けないかなぁと思っていたのですが、

お友達が希望のリクエストをしてくれてて運よくありました~。

26日11時からの舞台挨拶つきmovie上映。


25日の朝一番(5時)のKTXbullettrainなら余裕だ~って思ってたのに、

前日夜中3時にホテルに帰って来た私・・・sweat01

寝ないつもりがやはり寝てしまい・・・・目覚めたのが5時半すぎ。

結局7時のbullettrainでソウルへ戻って、ホテルで荷物の整理してチェックアウト。

諦めかけたけど、舞台挨拶は上映後だから大丈夫~って友達がアドバイスくれたので

タクシーcar飛ばして永登浦のロッテシネマへ滑り込み・・・なんとか20分遅れで席に着席しました。

626412265971136429

Continue reading »

09-11-15

THIS IS IT見てきました

Michaeljacksonthisisit_wallpaper__2

(以下、内容に触れる部分あり)

Continue reading »