haruharu(もえママ)

Powered by Six Apart
Member since 02/2010

韓国エンタ Feed

12-12-10

ミュージカル『光化門恋歌』 日本公演

2012100400000003wow0000view

私の愛する大すきなイ・ムンセの曲『光化門恋歌』。

イ・ムンセのヒット曲を次々生み出した作曲家故イ・ヨンフン氏は生前その名曲をちりばめたミュージカルを作ろうと構想をされましたが叶いませんでした。

そして去年春、その夢を実現させたミュージカル『光化門恋歌』がソウル世宗文化会館にて初上演されました。

そのご地方公演、再演、アンコール公演と好評を博し
日本公演をする聞いてからどんなに楽しみにしていたか。

ところが日本公演、開けてみたらあまりにも興行のやり方がひどすぎて
開いた口がふさがらず本当は大きな声で「みんな見てね~!」と
いっぱい宣伝してあげたかったのに宣伝する気にはなれなくて
大阪公演は一切しなかった、してやるもんか!って思っていました。

それでも悶々とした気持ちを抱きながらも

私は必ずこの作品は見たいと言う思いから11月大阪公演に行ってきました。

結局リピーター割引などもあり3回見ました。

Rimg0323

最初に大阪新歌舞伎座の劇場内に入って舞台の幕に映し出された白い雪の背景に五線譜

「光化門恋歌」という文字(私が最初に見た時は確かにハングルだったと思うけどいつからか漢字に変わった?)を見た時に日本公演が発表されてからの数々の怒りが雪とともに消えてしまった・・・・いや、それ以上のついに日本でこの作品が見れるという感激の方が大きかったです。

実際公演を見に行ってみたら、

ソウル初演で見た時よりももっと良くなっててとても美しい作品に仕上がってて
しかも演技する俳優さんたちを見ていたら
やっぱりどんな状況でも可能であればたくさんの方に見て欲しい。
「とっても素敵な作品だからとにかく見てみて!」と伝える必要があると思いました。

実際、ほかの作品を見てミュージカルファンになった友人たちも予備知識なくこの作品を見て本当に感動したしもっと早く行ってればもう一度見れたのにと言ってくれる人もいました。

正直、この作品を日本で上演してイ・ムンセの歌を知らない人たちが楽しめるのかなと少し不安もありましたが杞憂だったようです。

Continue reading »

11-09-06

2011 夏ソウル~娘のお気に入りは?(エンタメその2)

2日目の午後、COEXにあるコエックスアティウムという劇場へ

ミュージカル『オオカミの誘惑』を見に行きました。

http://wolf.i-pmc.co.kr/

Big_23567

カン・ドンウォンとチョ・ハンソンの大ヒット映画『オオカミの誘惑』をミュージカルにした作品です。

せっかっく韓国に行くのでミュージカルを見たいと考えたところ、

娘でも見れそうなのは「これsign02」しかないかな~っと思いました。

それでも韓国語のミュージカルを見て面白いと思うか迷ったので、韓ミューに嵌っている友人に聞いてみました。

そしたらこのミュージカルは、イケメンがいっぱい出てて、ジュークボックスミュージカルだしK-POPのヒット曲で構成されてるのできっと大丈夫・・・・と言われて「よしsign03」っと。

ちょうどそのお友達もソウルに滞在中で一緒に見に行きました。

326

ご覧のとおり出演者は若い。SUPER JUNIORのリョウクを筆頭にZE:Aのヒョンシクなど人気スターも出てるしダブルキャストの子たちもTVで見たことがあります。

330

客層もやはり若い!そして韓国ミュージカルでいついもすごいと思うのが男子人口が多いこと。

もちろんカップルが多いですが・・・、日本ではこういった場所で男性は少ないですからね。

327_4

本日のメインキャスト

テソン(カン・ドンウォンの方)役:チャン・ヒョンドク

ヘウォン(チョ・ハンソンの方)役:キム・サンホ

ハンギョン役:イム・ジョンヒ

タルム役:キム・キョンファ


テソン役の子も何かで見た覚えがあるんですが、

ヘウォン役のキム・サンホ君は「絶対ドラマで嫌なヤツだった~!」っと思ったのですが、

その時は何で見たのかわからなくて後でプロフィール見て思い出しました。

「愛しの金枝玉葉」でした。すごい最低の男の役でしたわ~。

でもこの役はとってもカッコ良かったです~。

07_4

14

ハギョン役のイム・ジョンヒちゃんは歌手です。とっても可愛かった。

そして、語り手の教師(現在)と主人公たちの同級生(過去)と一人で現在と過去を演じた

キム・キョンファさんこの方存在感があって上手でした。ジキハイに出演されたこともあるようです。

このほか、対立していく同級生役を演じた俳優さんユ・ヒョンウクさんが良かった。

Ookami2Ookami1

この俳優さん、ミュージカル俳優さんですがプロフィールでひとつ私の目を引いたのは

「イ・ムンセ コンサート」と・・・書いてありました。ダンサーで出てたのかな???

03

若い俳優さんたちの中に経験豊富なミュージカル俳優さんもしっかり配置してあって

歌でもお芝居でも見ごたえありで、テンポもよしで話も分かりやすく

やはり韓国のミュージカル、質が高いと実感しました。




このミュージカルのプロデューサーの一人はソン・スンファンさん。

意外でした~私は俳優さんと認識してましたがこういうお仕事もされてるんですね。

ヒットしたミュージカルをいくつも手掛けて賞も受賞されています。

0400090801_3500_m

「テロワール」で記憶されてる方が多いかな?

今見てる「私の心が聞こえる?」にもナムグン・ミンの実父役で出てらっしゃいます。



さて、娘の反応は・・・・・

本当は韓国へ行く前に娘には、予習のため映画を見せたかったのに時間がなかったのですが、前日に友人がとてもわかりやす~く娘に映画のストーリーを話してくれたのでだいたいの内容は理解できたみたいです。

 

そして、次々繰り出されるミュージカルナンバーは娘も知ってる少女時代や東方神起、KARA、シャイニーの曲で、

出てくる男の子はカッコイイし歌は上手だし、

何より席も前から3列目で目の前等身大でそれを目にしたので(JUMPも2列目だったけどね^^;)

時々隣の娘の方を見ると目がパンチャshineパンチャshineshine輝いているのがわかりました。

「JUMPより面白かった~!」と満足した様子でした。

娘は、背が高いヘウォン役のサンホ君が良かったようですが、私は断然テソン役のヒョンドク君が素敵に見えました。

パンフレットを見ながら、ZE:Aのヒョンジクで見たかった~とも言っていました。

329

ロビーには最近はどこの公演会場でも見かけるお米がたくさん並んでいました。

やはりリョウク宛のものが大半で、各国のファンから贈られていましたよ。

このミュージカルで歌われたナンバーのリストを次ページに上げておきますね。

娘は帰ってからもシャイニーの「ヌナン ノム イェッポ~notes」と歌っていました。

Continue reading »

2011 夏ソウル~娘のお気に入りは?(エンタメその1)

今回の娘と二人旅で娘の一番の楽しみは「買い物」と「FTのコンサート」。

でもやっぱりもっと他のエンタメも楽しみたかった私は

『JUNP』とミュージカル『オオカミの誘惑』へ連れて行きました。


韓国では、言葉がわからなくても楽しめるノーバーバルパフォーマンスというのがたくさんあります。

代表的なのがNANTAやJUNP、そしてB-Boy、サムチュなどです。

ソウル市内には毎日公演を行う常設劇場がたくさんあります。

外国人観光客も多いですが、韓国の方にも人気があります。特に家族連れ。

韓国へ娘を連れて行くことがあればこの中の何かを見せたいとずっと思っていました。

娘が小6の時に「B-Boyに恋したバレリーナ」が大阪で上演された時に彼女もその面白さと高度なパフォーマンスに興奮していました。


で、今回彼女の年齢で一番楽しめるのは『JUNP』 だろうと思ったのですが・・・・

026

それなりに面白かったようなのですが、私が思ったほどの感動は娘にはなかったみたいです。

なぜかと言うと、メインの男の子が娘的には「イケメン」でなかったみたいです^^;

MCモン?2AMのチャンミン?・・・・という感じのお顔でした~。

私が数年前に見たときはその役の人はカッコよかった~。

日替わりだから当たり外れがあるのは仕方ないですね。

喜ぶだろうと思ってた終演後のサイン会も「別にいい・・」っと・・・。

022

泥棒役のこのアフロの俳優さんは面白かったと娘の弁。

024
こんなcameraしかないんですが、左側の彼が主役です。

皆さん、オッテヨ~???



娘曰く「B-Boyの方が面白かった」でした。

確かにそうかもしれません、娘の年齢ではテコンドーよりダンスでした。

サムチュにしたら良かったかな~?

でも私は面白かったですよ!

「JUNP」は初めて韓国一人旅した時に、予約なしで窓口でチケット買って見たエンタメ。

あの時から変わらず同じ場所に劇場があることも嬉しいです。


長くなったので、「オオカミの誘惑」は分けて書きますね。

 

11-08-03

カヤグム演奏で聴くイ・ヨンフンの音楽の世界

Scn_0002

前回、光化門恋歌の中の風景を紹介したのでその繋がりで、

ずっと紹介したくいと思いながら日が過ぎてしまった1枚のCDを紹介しようと思います。

写真はCDジャケット。

タイトルには「영훈 meets 지연~ 광화문연가 그리고 가야금연가」と。

ヨンフンmeet ジヨン~光化門恋歌 そしてカヤグム恋歌


このCDを知ったのはムンセおっぱがマグッカンに上げた近況報告の文章の中でした。

イ・ヨンフン氏の曲をカヤグムで演奏したアルバムをおっぱが聴いているという文章を見て

以前からカヤグムや韓国の国楽のCDを聴いてみたいなと思っていたのですごく気になりました。

それですぐに何というアルバムなのか調べてすぐに取り寄せました。



류지연(リュ・ジヨン)
さんというカヤグム奏者の方が作られたアルバムです。

カヤグムの三重奏、カヤグムと弦楽四重奏でヨンフン氏とムンセおっぱの珠玉の名曲が奏でられます。

광화문연가・ 소녀・ 가로수 그늘 아래서면 ・난 아직 모르잖아요

붉은 노을 ・시를 위한 시・ 가을이 오면・ 사랑이 자나가면

그녀의 웃음소리뿐 ・옛사랑

心穏やかでいたい日・・・

なんだか疲れた日・・・

聴いてみるといいかもしれませんよ。

このアルバムが気に入った理由は演奏だけではありません。

歌詞カードのかわいらしいイラスト。

そして、このアルバムに込められたリュ・ジヨンさんのヨンフン氏の曲への愛情がイラストや文章からあふれ出しています。

Scn_0003_3

Scn_0006_8

歌詞カードのブックレットを開くと

最初のページ書かれているプロデュースをされた音楽評論家の方の文、

最後のページに書かれているリュ・ジヨンさんのあとがきの文。

とても心に響きます。

ハングルの読める人はぜひご自分で読んでみて頂きたいです。

イ・ヨンフン氏の音楽がどれほど韓国の人に愛されているか、

また光化門がどんなに大切な場所なのか、

意味のある場所なのかが少しは私たちにも理解できると思います。

興味のある方はぜひ手に取ってみてください。

大変おすすめです。


日本では手に入れる場合はHMVやAmazonで扱いがあります。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=3797469

Scn008
(リュ・ジヨン・・・・梨花女子大学 韓国音楽科兼任教授、ソウル市国楽館弦楽団 カヤグム奏者~2010.2.現在のプロフィール)

Continue reading »

11-05-11

ミュージカル 光化門恋歌(광화문 연가)

1122162002426158636_poster_small_2

ソウル3日目は、世宗文化会館大劇場で上演されていたミュージカル

「光化門恋歌」を見て来ました。

このミュージカルも私にとってはとても楽しみにしていた予定でした。
タイトルの「光化門恋歌」はイ・ムンセの代表曲。
ムンセおっぱの曲の大半は、2008年に亡くなった作曲家イ・ヨンフンさんによるものです。

そのヨンフンさんが生前にミュージカルの企画をされていたそうですがこの世にいらっしゃる間には実現しませんでした。

それが今回やっと形になって初上演されることとなりました。

ミュージカルで歌われる曲はイ・ムンセのヒット曲のオンパレード。

おっぱのコンサートと同じ時にこれをやってくれたのはなんという偶然。

そしてこのミュージカルの主演にはユン・ドヒョンさん。(ダブルキャストでソン・チャンウィ)
ドヒョンさんの声がおっぱの歌にとても良く合うと思うので、彼の出演する日にこだわりました。

ドヒョンさんも昨年の秋の京都公演・・・どうしても行けなかったのにこんな早くソウルで聴くことになるとは ・・・・。

Yoonsanghoon

Continue reading »

たんぽぽ風になって~大学路 アートウォンシアター

4月の韓国でずっと思っていた夢がまたひとつ叶いました。

念願の大学路でずっと会いたかった俳優さん

チョ・ジェヒョンさんのお芝居を見ることがやっと叶いました。

このお芝居、演劇熱戦(ジェヒョンさんがプロデュースする演劇のシリーズ)が始まった時からずっと見たくて、やっとタイミングが合いました。

11000877_0222

Continue reading »

11-05-01

2011 イ・ムンセ 赤い夕焼け 梨花女子大サムスンホール

Puru

2011 イ・ムンセ 赤い夕焼け

2011.4.1~4.24 梨花女子大 サムスンホール


ムンセおっぱがまたコンサートをする!

それも600席の小劇場で、そして全18回のロングラン。

知った瞬間からもうこれはどうしても行きたいと思いました。

去年11月から東京・釜山・ソウルと私を動かした驚くべきイ・ムンセの魅力。

私の言葉で皆さんにどれだけ伝わるかわかりませんが、少しでも知ってもらいたいと思います~。



さて、初日と2日目と・・・・2回見たコンサートの内容はまとめて書いていきますね~。

梨花女子大のキャンパス(素敵なこの場所についてはまた別に紹介するつもり)内にあるホールです。会場前の様子。

214

216

217

その名の通りあの「サムスン」が建てたホールです。

218

韓国のコンサート会場でよくみる記念写真スポット。

さて、以下長くなりますから<続き>を開いて下さいませ^^

Continue reading »

11-02-16

早く春にならないかなぁ~

昨日(バレンタインの日)は大雪が降ったところが多かったみたいですね~。

仕事でしたが、昼前からみぞれ混じりだった雨が徐々に大きな雪になって舞い降りて

15時くらいから見る見る間に真っ白な雪景色に変わりました~。

今年は何度雪を見たことか!こんな年も珍しいですね。

でも気が付けば2月も半分が過ぎて、3月がもうすぐ・・・。

私のスケジュール帳、3月、4月ともう埋まってきています。

3月は映画の月、4月はコンサートやお芝居の月になりそうです。



それで、そんな4月に嬉しい予定がまたひとつ入りそうです。

去年、ある韓国の音楽プログラムでスンフンの後に出てきた女性歌手の歌を聴いてとっても心惹かれて是非この人の生の歌を聴いてみたい~!と思ったんです。

いつもスンフンの部分以外はカットhairsalonするのに、なぜか気になって残していたその部分。

時折、見直して歌を聴いていました~。

その女性歌手が4月日本(東京・大阪)で単独コンサートをすると知りました。
すでに昨年末からチケットは売りに出てたようなのですので、韓国の音楽に詳しい方ならご存じの方も多いかもしれません。

その歌手はイ・ウンミさん

124051_l

昨年、スンフンと同じく20周年を迎えた韓国の偉大な女性シンガーです。
そういえば、MBCのオーディション番組の審査員にスンフンと一緒に名前が挙がっていまいしたね。

彼女は裸足で舞台を歩き回ることから「裸足のディーバ」という愛称で韓国の人に親しまれて、また「ライブの女王」とも言われる人だそうです。

その通り、私が見た番組でも途中でハイヒールを脱いで裸足になってロックを歌っていたし、その歌唱力はなにげなく見ていたのに、すっかり引き込まれてしまったほどの魅力でした。

昨年、20周年公演をやっていて、3回の韓国行きの中で見れないかその度に日程チェックしたけど合わなくて・・・・まさか日本でそれも大阪に来てくれるなんて夢にも思わなかったです。

4/22 東京 サンパール荒川

4/24 大阪国際交流センター 大ホール

スンフンも応援メッセージ送っていました~知らなかった^^;

もし・・・大阪公演行きたいと思われた方、一緒に行きましょう~!

きっと皆さんの中にも聴き覚えのある曲があります。

「私の生涯最後のスキャンダル(ラストスキャンダル)」の挿入歌が彼女の曲です。

とっても素敵な曲なので聴いてみて下さい。


ウンミさんについてよくわかる日本の記事があったので紹介しておきます。

clover【インタビュー】「ラスト・スキャンダル」挿入歌を歌うイ・ウンミの魅力(1)

K-POPアイドル全盛期ですけど、 こんな本物の歌手が日本にやってきてコンサートをしてくれるって嬉しいですね。

イ・ムンセもイ・スンチョルも今年は日本公演あるかも~?

スンフンの日本公演はもちろんです!

でも「好き」が増えすぎてこれ以上は困るけど・・・ まだまだどんどん増えるし、色んな人の音楽聴くのはやっぱりいいことだと思います。

Continue reading »

11-01-10

ミュージカルデビュー ジキルとハイド

ついに韓国でミュージカルデビューしました。

日本でもあまりミュージカルとは縁のない私でしたが、

スンフンを通じて知り合うきっかけになったオンニがチョ・スンウ君のファンで、

オンニのお友達のスンウ君のファンの方々とも知り合いになり皆さんのお話を聞くたびに

一度は彼のミュージカルを見て見たいなぁと思っていました。

秋についに除隊したチョ・スンウ・・・

これも縁なのでしょうか、ちょうど彼が出演する「ジキルとハイド」が私の渡韓時期に上演されているというタイミング!

今回ソウルを一緒に過ごすスン友さんたちも、このミュージカルを絶対見たいと思っていたようで、24日の昼の部のチケットが取れました。
チョ・スンウの回は本当にチケットが争奪戦で大変だったみたいです。


蚕室のロッテにあるシアター。

2010_033

2010_035Lt1Lt

クリスマスモードの劇場。

2010_037

2010_038

重厚な雰囲気です・・・。

2010_040

この日は金曜日、平日の昼間でしたが劇場は人であふれていました。

驚いたのは、若いカップルが本当に多かったこと。

20代、あるいは大学生みたいな年齢層、それもクリスマスだったせいか、それとも普段もそうなのか・・・若い男の子がミュージカルを見るために劇場へ集まるというのは多分・・・日本ではそう見ない光景なのではないでしょうか?

Continue reading »

10-08-19

ちょっと一休み^^

旅日記は3日目に入る前にちょっと小休止^^

昨日、職場の先輩が娘さんと行かれるはずのイベント、急きょお嬢さんが都合がつかず代打で行ってきました。

韓国版「花より男子~Boys Over Flowers」同窓会です。

他にも職場からは3名参加^^;その中のお一人も夜の部は娘さんが行かれるとおっしゃってて、今や親子で楽しむ韓流?

昼の部参加でしたが、客層は(ついついチェックしちゃう)広かったですね~。

私たちより上の年代から中学生くらいまで。

若いママが小さなお子さん連れてっていうのも見かけたし、ファミリーで来てる人(チケット代で旅行行けるよ^^)など・・・。

15時からのイベントは10分ほど遅れましたがきっかり2時間でした。

出演者はイ・ミンホを除くF4(キム・ボム、キム・ヒョンジュン、キム・ジュン・・・あれぇ~みんなキムさんですね)とク・ヘソンちゃんでした。

司会はイ・ユミさん.

内容は、最初に最近の近況をそれぞれに聞いたり、ドラマの中で出てきた告白ゲームのコーナーがあったりと出演者のトークコーナが最初に持ってきてあり、後半は出演者のライブ。

通訳さんが二人いて、一人はお馴染根本さん。ボム君の横にずっといて、私はほんと根本さん、いつもビョンホンやボム君のあんな近くで羨ましいなぁ~って思いました。

でも根本さんの通訳が一番好き。

ク・ヘソン⇒キム・ボム⇒キム・ジュンのT-MAX⇒キム・ヒョンジュンという順で歌うんですけど、ヘソンちゃんが1曲、ボム君、ヒョンジュンが2曲、T-MAXが4曲か5曲歌いました。

ヘソンちゃん、とっても可愛い!でも彼女とってもサバサバして男の子みたいな性格に見えました。

T-MAXあたりから急に演出がテープが飛び出たり派手になったんですけど、その前のボム君にももうちょっと盛り上げる演出してあげてほしかった。

舞台慣れしてないのに、なんか可哀想でした~。

最後のヒョンジュンはやっぱり一番ファンが多くて・・・やっぱり一人でも華があります。

あ~もう熱海から2年経ったなぁなんて思いながら見てました。

まぁ、私的にはボム君見れて満足~っていうくらいの楽しみしかなかったんですけど、

本当におのぼりさん気分で楽しんで来ました。

ただ、これ見て・・・自分ではお金出して見ないなぁと思いました。

同じドラマイベントでも「アイリス」は結果非常に残念なこともあったけど、とっても演出が素晴らしくてよく出来てたなぁと感じました。

いつもいいもの見てるからつまらなく感じたのか?

私にとってはそんなイベントでした~。

もちろん、それぞれの出演者や花男ファンの方々にはきっと嬉しいイベントで大満足だったとは思いますよ^^

場所が来月のスンフンさんコンサと同じ場所なので、座席確認してにんまり~happy02今度は今まで日本で見た中で一番いいかも。