haruharu(もえママ)

Powered by Six Apart
Member since 02/2010

先生に聞く韓国 Feed

09-05-15

ススンエナル(師匠の日)

今日は、2週間ぶりに韓国語学校へ行きました。

久々でしたが、やっぱりこの場所が大好きheart02

今日、5月15日は韓国では스승의 날(ススンエナル)=師匠(先生)の日です。

日ごろお世話になっている先生に感謝の気持ちを表して、お花など贈りものをしたりするそうです。

たまたま今日が授業と重なったので、クラスのみんなで先生にお花でもプレゼントしたらどうかしらと思って、昨日みんなに聞いてみたら気持ちよく賛成してくださったので日ごろの感謝の気持ちをこめて先生に蘭の鉢植えをプレゼントしました。

「お花が好き」と先生喜んで下さったので良かったです。

韓国語を始めて間もない頃・・・・この日に何も知らずレッスンに行った時に先生にこんな日があることを教えてもらいました。

もちろん先生は、何かが欲しくて教えて下さったわけではないですが、その時に「失敗した!」って思った経験があったのでした。

今の担任の先生にはいつもみんな本当によく教えて頂いているので、何かしたいと皆が考えていたようで良い機会でした。

さて、今日は韓国語の帰りに映画を見てきました。

韓国映画です。この映画と少し前にDVDで見た韓国映画。

どちらも、昨年韓国で上映していた映画で、その時韓国にいながら見逃した映画でした。

全くジャンルの違う2本の映画ですが、どちらも私にとっては衝撃的な作品でした。

この2作品に比べたら・・・「ノム×3」、私的には負けました。

何の映画でしょうか?

あとで時間が出来たらまた書きたいと思います。

08-07-11

韓国の結婚写真

今日は韓国語の学校に行く日。

授業の前にグループのみんなで、5月まで教えて頂いていたソンセンニムのお宅へ遊びに伺いました。

何度か書いていますが、ソンセンニムのご主人のお仕事の関係でもうすぐお引越しされます。

ソンセンニムのhouseおうちは、私たちの学校の中にあります。

学校と言っても昨年秋に新築されたばかりのピカピカの教会で、その中にソンセンニムご夫婦の生活スペースがあるのですが、新しいしとっても綺麗でおうちの中には写真や観葉植物がセンスよく並んでいてとってもステキなお住まいでした。

引っ越してしまうのがもったいないですね。

Continue reading »

07-12-26

韓国のクリスマスは?

Yokohma_035

写真は我が家のイブの食卓・・・。

頑張って予告どおりチキンを焼きました~。ちょっとやっぱりグロテスクですが、子供達は大喜びでした。


翌日、韓国語のレッスンに行ってクリスマスの話をして、チキンを焼いたことを言うと先生がびっくりしてらっしゃいました。

でも韓国の人がサムゲタンを作るのとあまり変わらないと思うんですよね~。


ところで、その話の中で意外だったのが・・・・先生はなぜクリスマスにチキンなのかわからなかったようです。

先生はイブの日に教会のクリスマスパーティに行かれたそうです。(やっぱり韓国の方はクリスチャンが多いのですね)

その教会の近くにモスバーガーがあるそうで、そこがすごい行列になっていたそうで、先生はなぜ並んでいるのかわからなかったみたいです。

「モスにはチキンがあるから・・・・ケンタッキーもクリスマスはすごいですよ」と教えてあげたのですが、韓国にはクリスマスにチキンを食べる習慣がないみたいですね。

ひょっとして、これって日本だけ?って思ったけど、欧米では七面鳥ですよね。

日本では七面鳥を食べる習慣が無いし手に入りにくいからチキンだって思ってるのですが、これって万国に共通するものではないのですね。

ちょっとびっくりしました。


さて・・・一度は行ってみたい韓国のクリスマス。

いつかスンフンさんのクリスマス公演に行くのが夢なのでその時叶うかな?


ソウルナビに韓国のクリスマスの様子が載っています。

クリスマスの街は断然日本よりソウルのほうが素敵そうですね~!

なんて煌びやかなんでしょう!

写真で見るクリスマス前のソウル2007!(ソウルナビ)

71224_4

ケーキもとっても賑やかですね!

Continue reading »

07-09-11

参鶏湯を作ってみました

韓国語の先生が、参鶏湯(サムゲタン)の作り方を教えてくださったので家でチャレンジしてみました。


材料は・・・・

Tori1 ちょっとグロテスクテスですが、丸鶏1羽(中抜きしたもの)


にんにく・なつめ・高麗人参・もち米


実は家で作ってみるので材料を教えて下さいと先生に言ったところ、「にんにく・なつめ・人参」とおっしゃったので、「それだけでいいんですか~?」と言ったら先生が「人参はないでしょう?家にあるから、人参となつめは持って来てあげます」と仰ったんです。

私は単純に普通の私たちが日常使う人参を頭に描いたら、違ったんですね~。

それで、先生から高麗人参となつめを頂いたので、口先だけでなく本当に作ることになっちゃったんです。


私はクリスマスには毎年ローストチキンを焼くんです。鶏肉って値段が安いので1羽分買っても1000円~1500円くらいなので、お手ごろなのに、すごく豪華に見えるので!

でもやっぱり、ちょっと生の鶏さんはコワイんですけどね・・・・。

なかなか普段スーパーには売ってないので、ネットで注文しました。


ところで、鶏ですが、参鶏湯用に韓国で使われるのは「ひな鶏」だそうです。

一人で1羽が基準のようなので、小さいんですが、日本の「若鶏」は大きいです。

大きいということはそれだけ脂肪が多いということなので、本来は参鶏湯には向かないそうです。


私ももちろん、若鶏を買ったわけですが、大きい!ローストチキンだとオーブンに入れるのでケンチャナなのですが、今回はお鍋で煮ます。

家にある鍋でもなんとか入ることは入るけど、そうすると水が少ししか入らないんです。

仕方ないので30センチの大鍋をホームセンターで購入。

これをこれから何処に片付けるかが問題なんですが・・・・まぁ、冬はおでんやお鍋にと活躍しそうなので・・・。


200709101804000 その大鍋に中にもち米、にんにく、高麗人参、なつめを詰めた鶏と水を入れ、一度沸騰させて煮こぼしてまた水を入れ替え、そして水の中にもなつめ、人参、にんにくを入れてひたすら鶏が柔らかくなるまで煮続けます。


味付けは一切なしです。

途中、こまめに灰汁と油をすくいます。


朝に焚いて、また夜に1時間ほど焚いた方がいいと先生はおっしゃっていました。

やっぱり、国産の若鶏はかなり油が浮いてきました。


200709102127000 お箸やスプーンでポロポロと身が崩れるくらいになったら完成です。


スープもちょっと白くなっていい感じ。


食べる時はこのまま食卓へ。



まず鶏肉の身をとって塩をつけながら食べます。

そして中のもち米を崩しながら最後はお粥のようになるんです。

スープには好みで塩やコショウを・・・。

美味しかったですが、やはりちょっと油っこかったかなぁ・・・。

皮はさすがに食べれませんでした。

高麗人参・・・・初めて食べましたが、家族には不評で(^^ゞやっぱり薬っっぽいから。

私は、なんだか牛蒡みたいな味だなぁと思いました。

なつめは、多分なかったらプルーンとかでも代用出来ると思います。そんな味でした。

やはりスープの味は最高!なかなかいい感じでしたよ!残ったスープはキレイに濾しておいてあります。今夜はこれで何か汁物を作ります。


Continue reading »

07-09-02

今時の韓国の小学生事情?

先日の韓国語のレッスン。


韓国に里帰りをしていた先生から、海苔と垢すりのお土産を頂きました。

垢すりはピンクで可愛かったです。


それで、先生がソウルに帰った時のお話をしてくださったので、少しご紹介します。

先生は、ご主人は日本の方で、1年少し前から日本に来て京都に住んでらっしゃいます。

小学校6年の女の子がいらっしゃるので、同じ年代の子供がいるのでよく子供の話になるんです。


今回韓国に帰ると、韓国の小学生がとっても派手で驚いたそうです。

ピアスをしていたり(穴はあけなくてもいいタイプかも)、マニキュアや化粧をしていたり、服装もTシャツを重ね着したりすごくお洒落だそうです。

先生のお子さんも韓国にいる間はマニキュアをしたりとても開放的だったらしく、こちらに帰って来たらそれを全部我慢しなきゃいけなくて・・・そのギャップがすごいとおしゃってました。

夏休みの宿題も韓国はないし、休みはほんと自由だそうです。

でもその分塾などには行くそうですよ。学歴社会ですからね。

塾は日本のように週に1回とか2回とかそんな感じではなく、毎日とか最低でも3日はあるそうで、これは学習塾だけでなく、ピアノとかテコンドーとかそういうのも毎日だそうです。

それでも月謝は安いとのことでした。

特に英語の塾に行っている子が多くて、小学生の英語のレベルの高さに先生はびっくりしたそうです。

本を読解するくらいのレベルだそうですよ。

そう思うと、やっぱり韓国の人が英語が上手なのはうなずけますよね。

でも先生は、あまりに開放的過ぎてちょっと先が心配だって言われていました。

日本のように規律もやっぱり必要だって!

どっちがいいんでしょうね~。

やっぱり何でもほどほどがいいのかもしれません(笑)。


私はこの先生が大好きなんです。

この先生に習うようになってから、韓国語がすごく楽しくなりました。

やはり同じ年代の子供がいるからかなって思っていたんですが、この前干支の話になって同じ午だと判明。

同じ年だったんです!もっと親近感が湧きました。

Continue reading »