haruharu(もえママ)

Powered by Six Apart
Member since 02/2010

« 7월 2012 | Main | 12월 2012 »

8월 2012

12-08-31

イ・ムンセと行こう!Be Bop A Lula 第1話(南アフリカ篇)

「歌人 イ・ムンセが音楽人生30年間夢見た初大型 音楽紀行ブロジェクト
〜韓国人が愛するミュージシャン イ・ムンセを通じて世界を眺めた
K−POPとワールドミュージックの出会い」
 

Bpop3

一年近い企画期間をかけて
2012年4月〜6月までの3か月近い撮影期間
(撮影日数58日、飛行距離66535マイル、飛行時間143時間30分)
このうち合計55名のスタップが8か国15都市を旅行しながら
16チーム142名の海外の有名ミュージシャンたちと
音楽を通した疎通をしてきた前代未聞の大型プロジェクト

http://entertainment.tv.chosun.com/bebopalula/index.html

ずっと心待ちにしていたこの番組
結局はネット視聴は難しくて
TV朝鮮の会員登録をしてタシポギをDLするという方法で
ようやく今朝第一回の「南アフリカ編」90分特別編成を見終えました。

毎回各地を音楽探求の旅をしながら
音楽にかかわる人たちと一緒に音楽をするのですが、
今回は二つのチームとの素晴らしい共演が見れました。

一つはドランケスバーグという寄宿学校の少年たちで結成された合唱団。
この学校の生徒はは世界中から親元を離れて寄宿生活を送る少年たち。
まさに音楽に国境はないと教えてくれる合唱団。

合同公演を開くことになったムンセおっぱチームと少年たちのふれあいも見どころです。

この合唱団とはおっぱの曲から
『彼女の笑い声だけ』という曲で共演。

Bpop2

そしてもう1チームはグラミー賞を3回受賞している
南アの男性コーラスグループ。
レディスミス・ブラック・マンバーゾとの共演。
彼らとは『この世界を生きてみれば』を...。

Bpop1

どちらのチームとの選曲も本当にこれ以上ないと言うほどぴったり。
イ・ムンセもすごいと思うけど、
これらの曲を残したイ・ヨンフンさんは素晴らしいとあらためて感じました。


ドランケスバーグ少年合唱団との映像がFBに上がっていましたのでご紹介します。

ぜひご覧ください!
今回の旅には『私は歌手だ』でも知られるようになった
イ・ヨンヒョンさんが参加しています。
彼女の歌声も素敵です。

moviehttp://www.facebook.com/ch19tvchosun#!/photo.php?v=276489895786019外部リンク

Bpop4


この番組を見て、
イ・ムンセという人は
何処にいようと、だれと対峙しようと
本当に変わらない人だなぁと思いました。
それは人間的にもそうなんだけど、
音楽に対しても何処で歌っても変わらぬ
ありのままのスタンスでいられる人なんだと
強く感じました。


まだあと13回あるんです。
しばらくコンサートには行けないけど、
毎週これがあるから幸せでいられます。

6727544_1757990268_22large

イ・ムンセ・・・・この写真の笑顔のままのそのまんまの人だと思います。

<2012.9.5.追記>

1回目の合唱団とのあたりがTV朝鮮のブログに詳しくUPされていました。

http://blog.naver.com/tv_chosun/50148981381