haruharu(もえママ)

Powered by Six Apart
Member since 02/2010

« 私の赤い夕焼けツアー | Main | 今秋一番のお楽しみと夏の韓国映画 »

12-06-29

私たち親子Pri(プリ)~!

607291642

昨日は娘と娘の友達、そして私の職場の同僚たちと

大阪城ホールのFTISLAND Summer Tour 2012 ~RUN! RUN! RUN!~へ行ってきました。

それでちょっと久々にFTのことを徒然に書いてみようと思います。

今日書かなかったらまたずっと書かないままだから・・・・。

去年夏前から、急激に人気が上がってきてファンの私たちがびっくり・・・・。

チケットも本当に取りにくくなっていたので去年の夏はZeepだったし当然落選で、

初武道館、冬の横アリもチケットは取れたけど、直前になって娘と二人の交通費はやはり出せなくて(私これはけじゃないから・・・・)断念。

なので日本の単独ライブは考えたら一昨年の冬の大阪以来でした。

ただ、武道館やめた代わりに去年の夏には娘と初めてソウルへ行き韓国コンサートへ行きました。

(その話題も結局レポできないまま今日まで来てますが^^;)


大阪城ホール、スタンドの上段立ち見席まで出て本当にFTも大きくなったなぁと嬉しい反面寂しくも感じたりして・・・。

アリーナだから当然花道あると期待してたのにメインステージのみ。

ちょっとがっかりした人もいるだろうけど、

本当に彼らは今回は「自分たちはロックバンドだ!」って言いたかったんじゃないかな。

本当にね、バンド演奏が素晴らしく進化してるのにちょっと昨日は感動した。

特ににミナンのドラム、カッコ良かった~(私ミナン君好きだから)。

歌はもちろん上手なんだけどコンディションにいつも波があって

日曜の福井で大失敗して落ち込んでいたホンギも昨日はその分気合が入っていて

とにかくいいライブでした。
久しぶりのライブだったし昨日は本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。


そして、会場には私と娘のような母と娘の親子プリちゃんがいっぱいでした。

これがK-POPの特徴なのかも。

私も娘と一緒に楽しめるアイテムとしても彼らは大切なんです。

でも、きっとFTだからこそ・・・・他のグループなら娘が好きでも行ってなかったと思う。

おかげで、娘は絶対他のアイドルのファンになるよりたくさんの恩恵を受けてるはずsweat01

しかし、FTを応援するようになってからももう3年以上たってるなんて信じられないですね。

FTの人気が日本でも広がってきたのは、ホンギが日本語をたくさん話すようになってからだと思う。ある時までは、しゃべる気がないのか(たぶんそうだったんだろう)と思うほどだったのに、ある時に何かがホンギの中で変わったと思う。

日本で活動することに前向きになった時に、人気も自然とついてきた。

もちろん「美男~」の影響はあっただろうけど。

そして少年から他のメンバーもみんな大人に近づいてよりまとまりが出来てきたし

CNの方がバンドらいしと思う人が多いと思うが、私はこんな自由奔放なFTが大好きです。

何より好きなのはホンギの声なんですけど。

 

ところでFTのファンとしては残念に思うことがひとつ。

私はやっぱりもう韓国の曲を聴くには韓国に行くしかないと思うと残念。

昨日のコンサートでも20数曲の中で韓国の曲は4曲のみ。

なんで日本って特別な国なんだろう~。

去年の夏にソウルでやった''Play! FTISLAND''コンサートは、今年もほぼそのままの形で台湾やシンガポール、タイ、香港と・・・日本以外の国では公演している。

日本だけが違う種類のツアーなんですよね。

本当にそのままやってほしいのに!

日本では本当にコンスタントにCDを発売している。そのたび曲が増えていくから、韓国の曲が減っていく・・・きっとみんな韓国のFTの曲も大すきなのに。

去年のソウルコンは本当に大好きな歌が次から次に出てきて本当に最高だったけど。

 

せめて日本でも半分くらい、韓国の曲を入れてくれたら大満足なのにな~。

まぁその分、ホンギは歌詞覚えて歌うこと一生懸命頑張ってくれてるということなんですけどね。

FTが他のK-POPアイドルと違うというのはこれ見たらわかるんじゃないでしょうか・・・???

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/485833/29298759

Listed below are links to weblogs that reference 私たち親子Pri(プリ)~!:

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.