haruharu(もえママ)

Powered by Six Apart
Member since 02/2010

« 9월 2010 | Main | 11월 2010 »

10월 2010

10-10-30

ユンドヒョンバンドが京都でコンサートをします!

01_2

11月27日(土)18時~
京都会館で
「丹波マンガン記念館再建
 YB(ユン・ドヒョンバンド)チャリティコンサート」
 
http://www.yb2010.org/ 

チケットは↑のHPより購入できます。

Tanba

京都でユンドヒョンバンドがコンサートをします。

ユン・ドヒョンさん・・・・長年KBSで音楽番組「ラブレター」のMCを務められたドヒョンさんですよ!

彼は有名なバンドのヴォーカリストでもあります。

京都でめったとない韓国のミュージシャンの本格コンサート。

ではなぜ、京都でやるのでしょう~?

これには大きな理由があります。

「丹波マンガン記念館再建YBチャリティコンサート」と名付けられたコンサート。

(以下青字部分はこのコンサートの記者会見にお仕事で行かれたマイミクtodamayuさんの書かれた文を引用させて頂きます。そのままtodamayuさんの日記に行けたらいいのですがミクシィなので見れない方もいらっしゃるということで。)

今回のコンサートは、
京都にある丹波マンガン記念館来春再開のための
チャリティコンサートです。
つまり、ドヒョンさんもメンバーもノーギャラでの出演。

丹波マンガン記念館とは、こんな場所です。

http://www6.ocn.ne.jp/~tanbamn/

ここで第二次世界大戦中、
沢山の朝鮮半島出身者や中国人が
過酷な労働条件のもとで働いていました。
中には命を落とす人もいたし、
後遺症に悩まされた人も多かったと言います。
先日のチリ鉱山の落盤事故のような事故も
きっと頻繁に起こっていたでしょう。


そのマンガン鉱山の坑道を保存し、
鉱山労働や強制連行の歴史を伝えてきたのが
「丹波マンガン記念館」です。
1970年の開館以来、
初代館長、現館長・イ・ヨンシクさんが
私財を投じて運営してきました。
が、年間500万円もの赤字が続き、
ついに昨年5月休館へ。

でも、貴重な歴史的施設だと、
韓国・朝鮮の人、
そして日本人の有志が立ち上がり、
来年4月の再開へをめざし再建委員会が設立されます。

が、再建には最低でも1000万円の費用がかかります。
さらに、今後記念館を運営していくには
恒常的に費用が必要です。

すでに全国の有志から500万円ほどの寄付が集まっているそうですが、
まだまだ足りない。

そんな時、
「僕たちで力になれるなら」と手を差し伸べてくれたのが、
ユン・ドヒョンバンドでした。



一昨日、ユン・ドヒョンが来日・・・京都九条のNPO法人エルファーで会見があったそうです。

ここの会場の2階は在日韓国・朝鮮人一世のハラボジ、ハルモニが暮らすホームになってるそうで、ドヒョンさん会見前にホームも訪問されたそうです。

もちろん、ホームのご老人たちは彼のことをご存じないでしょうけど

「韓国の有名な歌手です」と挨拶されて、ハラボジ、ハルモニたちとアリランを歌ったりして時間を過ごされたそうです。

写真をお借りしたので・・・・

1390399_825579693_22small Dohyon

1390399_825579684_26small1390399_825579662_249small

Dhyon1

「韓国からやってきたユン・ドヒョンです」
とまずは日本語であいさつ。

「誰にでも過去はあります。
 でも、過去よりも未来が大事。
 今回の公演を通して、
 過去の歴史は歴史として直視し、
 より仲良くなるきっかけになればと思っています。
 未来を平和に仲良く生きるためには、
 過去の歴史について腹を割って話すことが必要。
 
 とは言っても、
 コンサートはお祭り。
 韓国も日本も、みんな1つになるお祭りです。
 音楽を通して1つになりたい。
 ロックンロールの魂を皆さんと共有したいです。
 歳は関係ありません!」

と・・・最初の挨拶があったそうです。

このコンサートの依頼は事務所を通さず韓国のファン経由で直接ドヒョンさんに話が来たそうで、ちゃんとマンガン記念館のことを勉強されて賛同して下さったそうです。

自分が出演することで、韓国でもこの「丹波マンガン記念館」のことを韓国でも知ってもらえるとも考えられているそうです。


このコンサート、チケット販売も大手のチケットセンターでは取り扱いがなく直接主催のNPO法人に申し込みする形です。

多分宣伝もあまりなくて、こんなコンサートがあることを知らない方も多いと思うのでお知らせさせて頂きました。

韓国では超有名なバンドだけど、日本ではほとんど知られていないと思います。

ユンドヒョンは知ってても歌手と知らなかった方も多いかもしれません。

関西でコンサートをする場合、大阪の方が集客率もいいと思うけど、あえて京都なのはさらに不利な条件です。

京都会館第一ホール、京都の方なら誰でもご存じの京都のコンサートの殿堂です。

2000人以上入るはずなので、ちょっと心配なんです。

でも関西にお住まいの方、紅葉が京都で一番いいと思われる11月末ですし、

紅葉狩りでも兼ねてコンサートに行って頂けたら嬉しいです。

チャリティということももちろん大きい意味がありますが、

何より彼らはミュージシャンなので日本に来てコンサートをするのにたくさんの人がいる会場で迎えてあげたい・・・・それが私の思いです。

と・・・こんだけ書いてる本人がどうしてもこの日は仕事が夜までの残業が決まっていて行けないんですsweat02

とても悔しいのですが・・・・。

行けない方も、お友達に「こんなコンサートがあるよ~」ってちょっとお知らせ下されば幸いです。

Continue reading »

10-10-28

秋の関西 韓国映画情報

続いてもうひとつ映画情報。

これは自分のための覚書でもありますが、この秋関西方面である韓国映画の情報を二つあげておきます。



movie2010 大阪韓国映画週間

6268_img_1

場所:シネマート心斎橋(アメリカ村・ビッグステップ4F)

日時:11月27日(土)~11月30日(火)

   1日、2作品上映。上映時間 未定。

入場料:当日 1000円(入替制)

前売り 900円・シネマート心斎橋、大阪韓国文化院にて発売予定

主催:駐大阪韓国文化院

上映作品紹介(全作品 日本語字幕付)

グランプリ (그랑프리) 日本初公開

・監督:ヤン・ユンホ(양윤호)

・主演:キム・テヒ(김태희)、ヤン・ドングン(양동근)

・「アイリス」の監督と主演女優のコンビが贈る、感動のレーシング・ドラマ!

故郷(さと)の母(친정엄마) 日本初公開

・監督:ユ・ソンヨプ(유성엽)

・主演:キム・ヘスク(김해숙)、パク・チニ(박진희)

・母と娘が初めて水入らずで過ごす大切な三日間の物語。

食客2(식객:김치전쟁)  関西初公開

・監督:ペク・トンフン(백동훈)

・主演:キム・ジョンウン(김정은)、チン・グ(진구)

・キムチ戦争勃発! 大人気作「食客」の続編登場!

坡州(パジュ)(파주) 関西初公開

・監督:パク・チャノク(박찬옥)

・主演:イ・ソンギュン(이선균)、ソウ(서우)

・この人を愛してもいいの・・・?国境付近の街バジュで起こる愛と葛藤のサスペンス。


movie第5回RiCKS韓国映画フェスティバル「ソル・ギョング―100の顔(ペルソナ)をもつ男」

O0166023410736986305

詳細は公式ブログにて

 開催期間:11月19日(金)~11月21日(日)

 【作 品】 『力道山』
『愛を逃す』
『私にも妻がいたらいいのに』
『オアシス』
『公共の敵』
『熱血男児』
ペパーミント・キャンディー』
 【会 場】 立命館大学 朱雀キャンパス 大講義室(5階)
 【特 記】

11/19(金)17:10~17:30 映画祭5周年記念抽選会
11/20(土)15:50~17:20 トークショー
 ソル・ギョング×徐勝(映画フェスティバル実行委員長、立命館大学法学部教授)
11/21(日)12:30~14:30 シンポジウム「ソル・ギョング―韓国現代史の体現者」
 <司会>
  冨田美香(立命館大学映像学部准教授)
 <パネリスト>
  ソル・ギョング
  佐々充昭(立命館大学文学部教授)
  許文暎(『シネ21』前編集長)

Continue reading »

『国家代表!?』全国ロードショー始まっています!

Kokka_daihyo_250x250

以前にこちらでもご紹介した映画です。

昨年夏に韓国で大ヒットした『国家代表』がやっと日本にもやってきました。

                                                       

スキージャンプの国家代表たちを描いたお話です。

是非この機会にご覧になってみてください。

韓国映画、公開して1週間、2週間するとだんだん上映回数も減っていくので

できるだけお早めにどうぞ~!

movie映画「国家代表!?公式サイト

Continue reading »

10-10-24

ユリサンジャ

これももっと早くに書くべきでしたが・・・・

なかなか時間がなくて、気が付けばもうすぐ1カ月になろうとしています。

9月25日・・・・ユリサンジャ(유리상자)の大阪初コンサートに行ってきました。

ABCホールです。

___19

ユリサンジャって「ガラスの箱」っていう意味です

左の人がパク・スンファ、右がイ・セジュン

とっても美しいハーモニーの男性デュオです。

                                                          

前から名前は知っていたこの二人に初めて興味を持ったのが、

昨年、SBSのキム・ジョンウンのチョコレートにユリサンが出ているのを偶然見た時、

彼らはスンフンの「ナ ウリジマ」をベースにして、色んな歌手のヒット曲をメドレーで聴かすと言うことをやってたんです。

それがとても上手で、印象に残ったんです。

今年の春に東京で初コンサートがあって、

大阪でもやってほしいなぁ~と思っていたら思いのほか早く実現しました。

                                                         
大阪ABCホール本当に小さな会場です。

それでも埋まるのかなぁ~なんて失礼な心配していた私たちの大きなお世話^^;をよそに開場満席でした。

このコンサートに行って感じたのは、ユリサンジャを待ってた人がこんなにいたんだっという喜びでした。

スンフンは1年に一度は日本でツアーをやってくれる。

私たちって幸せだなぁ~って。

ユリサンジャのファンはこの日をどんなに待っていたんだろう~。

そう考えるだけでも胸が熱くなりました。

                                                        

さて、ユリサンジャ登場!

舞台のセットなんてないです。

舞台の奥のスクリーンと二人のシンガーとギター。

あるのはそれだけです。

司会・通訳にはお馴染のイ・ユミさん。

司会と言ってもそんな邪魔にならない程度で、ほとんどMCは二人。日本語担当は向かって右手のイ・セジュンさんが頑張ってました。

きっとこのために頑張って練習されたんでしょうね。

彼らもよくあるパターンで「韓国語をみなさんに教えましょう~」って教えてくれたのが

「チャル センギョッソ」でした~。言うことはみんな同じなのだなぁと笑ってしまいました。

曲目がわからない上に、1カ月ほど経ってるのでこれ以上詳しいレポっていうのは出来ないけど、ホントにシンプルで、ギターと歌だけの世界にどっぷりはまる事が出来ました。

                                                       

MCも面白くて良かったですが、特に記憶に残ってるお話を一つ紹介しますね。

イ・センジュンさんが日本を羨ましいと思うことが二つあります・・・・という話をされました。

 ひとつ目は、「ドーム球場があること」。

彼ら二人とも野球が大好きらしいのですが、韓国のプロ野球環境は日本に比べてそんなに良くない(私もこのことその数日前に新聞で見たんです)。

特に設備環境は日本が本当に羨ましいという話をされました。

韓国は確かに球場も少ないし、雨が降ってもやれるところってないんですよね。

日本の野球にも詳しいようで、金本アニキの名前なんかも出てきてました~。

本当に野球が好きみたいで「明日球場に試合を見に行く」と嬉しそうに話されていました。

この話をしたのはセジュンさんですけど、スンファさんもアンジェウクのチームに入ってて日本にも試合に来たことあるみたいです。

 そして二つ目は、「村上春樹が生まれた国であること」。

セジュンさん村上さんの大ファンらしくて、「村上春樹の作品を日本語の文章のまま読むことが出来たらどんなにいいだろうか」って話をされたのがとっても共感できました。

私だって、韓国のものは日本語に訳されたものを読むより韓国語でそのままの文を(歌詞でも・・・)読めたら・・・その一心で勉強してるんですもの!

なんだかその話は本当に感動でした~。


                                                       

歌で印象に残ってるのは、ソロコーナーで、

パク・スンファさんが歌った尾崎豊の「I Love You」、

そしてセジュンさんが奥さんのために作った甘~い甘い~い歌。

大好きなイ・ムンセの「赤い夕焼け」。

ドラマ「ありがとうございます」の中でポムちゃんが歌ってた「美しい世界」。

他にもあったけど、曲目わからなくてミアネヨ~。

                                                       

2時間半ほどあったコンサート、アットホームでとっても良かったです。

特にパク・スンファ・・・・私のツボに嵌る歌手です~。

声もいいし、ちょっとMCであまのじゃく的な感じも好き^^

また行きたいなぁ~。

待ってる人がたくさんいるから、是非是非また日本で公演して下さい。

ご一緒出来たOさんNさん楽しかったですね~!(やっと・・・書けました^^;)

                                                       

4月に東京でやった初コンサートの映像があったので参考までに紹介しておきます。


YouTube: 韓ナビ ユリサンジャ日本初コンサート 2010.4.18放送

Continue reading »

10-10-21

すみません^^;

本当に最近更新が全くできてなくてsweat01

大変申し訳なく思っています。

時々ここを訪れて下さる方、

ひょっとしたら毎日の方もいて下さるかも・・・・。

来て下さる度に更新出来てなくて前のままで

がっかりさせてごめんなさい~。

最近、iPhonemobilephoneになってから、

ぐっとpcを出してくる回数が減りました。

最初は使いにくいと思ったiPhonemobilephoneも使いなれてくると、

私には合っていたようでついついそっちを使ってしまいます。

それに韓国語の宿題が本当に多いんです^^;

毎週単語テストはあるし。

それでちょっとこのブログもさぼりがちになってしまっていますが・・・

ここらで気合入れ直して更新しようと決めました!

HPやブログを初めてからもう7~8年経ちます。

ちょっと倦怠期でしょうか~sign02

そんな時期もあるだろう~って・・・・

とにかくちょっと頑張ります~。

頑張ってやるもんでもないですけど~。

こんなとこでも良かったらまたいらしてくださいませheart02

10-10-04

Asia-Pacific Global Peace with Music 2010 in大阪

またしばらく更新が出来なかったので、

時間があまりに経ってしまって・・・・

もうAsia-Pacific Global Peace with Music 2010 について書くのは辞めようかなと思ったのですが、少しだけ書いておこうと思います。

詳細レポは今回は書きません~^^;

皆さんももういっぱい読まれたでしょう~(笑)

・・・・っとうことで、私の感想と一緒に行った方のお話を^^

                                                       
まず、コンサート前のリハ見学。

私は当選しなかったのですが、お友達が当選されて誘って下さいました。

ジュノssiのイベントで運は使い果たしたか~?っと思いましたが、

ある方が「そういう時は運が続くものだよ~」って言って下さったのが現実に。                   

初日なので、3時からのリハ見学は少し遅れて会場へ案内して頂きました。

会場に入って席に着くと、音合わせの最中。

見学者も緊張に包まれた感じで、とにかく息を殺して皆さん見つめていたっていう感じのリハ見学。

いらない音をたてたり、話してはいけないという思いを見学者の方々一人ひとりが肝に銘じているのが本当によ~くわかる雰囲気でした。

音合わせにとても時間がかかったので、当初2~3曲聴かせて頂けるという話でしたが、大阪は1曲だけでした。

でも、その日歌う楽曲がいくつか音合わせで登場したので、「あれも歌う、これも歌う」と期待が膨らみました!

何度も客席と舞台を往復しながら色んなことを確認していくスンフンさんの姿。

普段はメイキング映像などでしか見れないリハーサルの現場を見せて頂けて本当に嬉しかったです。

では以下、コンサート本編です。

Continue reading »