haruharu(もえママ)

Powered by Six Apart
Member since 02/2010

« 1월 2008 | Main | 3월 2008 »

2월 2008

08-02-27

2008 冬のソウル 2日目④

バスツアーが終わる頃に、お友達が何が食べたいか聞いて下さって、プデチゲを食べに連れて行って頂く事になりました。

お店までは、バスで行きましょうと言って下さって、ソウルの普通の路線バスに乗れることになりました。

バスは乗ってみたいって思っていたけど、なかなか勇気がなかったので今回の旅行で経験出来るとは思っていませんでした。

シティバスを降りて、路線バスのバス停から乗りました。私はT-moneyカードを持ていたので最初にカードをタッチして乗ります。行きは座れたのですが、前の席がない座席だったので、とっても心配して下さいました。急停車して前につんのめったりしないかと・・・・。

韓国の方が心配されるくらいだからやっぱりバスの運転は荒いんですね。

日本でバスに乗った時に、運転手さんが「右に曲がりますので注意して下さい」というような感じでいちいちマイクで言ってくれるのにとっても感動したとおしゃっていました。

でも3つ目くらいのバス停で降りたのですぐでした。降りる時にもう一度カードをタッチして降ります。

それから少し歩いて・・・・地元の人でないと絶対知らないような道を入ってプデチゲのお店に連れて行ってもらいました。

オンドルの広間になっている部屋で地元の方がチゲを食べています。

韓国に来る前にも、メールで「何が食べたいですか?」って聞いて下さっていたのですが、その時に「観光客が行かないようなお店に行きたい」ってリクエストしていたら本当にそんなお店に連れて行ってもらえて嬉しかったです。

最初におかずの水キムチ、もやしのナムル、カクテキが運ばれてきて次にお鍋が運ばれてきました。

Yukigesiki_054

ミンチのようなお肉やソーセージ、春雨、トックが入っているお鍋です。

一番てっぺんにのってるのはにんにくのみじん切りと唐辛子。

混ぜると真っ赤になるんですが、混ぜる前に撮ってまた混ぜた後で撮りましょうって言って下さったのに、すっかり混ぜた後は食べるのに夢中で写真は忘れていました。

実はツアー中から少し頭痛がしていたので、食べれるかなって思っていたのですが、不思議・・・・食べだすとすっかり元気になれました。

ご飯が一緒に運ばれてくるのでそこにチゲを入れて食べるんです。

私達はこれでお腹がいっぱいでしたが、最後にあの焼き飯のようなご飯にして食べている人やインスタントラーメンを入れているグループなど色々でした。

わざわざ私のために時間を作って下さって、半日付き合って下さったのに結局ご飯までご馳走になってしまいました。

それじゃぁ、代わりにコーヒーをおごって下さいと言って下さったのでまたバスで水原駅まで戻って駅でお茶をしながら8時くらいまで色々お話させてもらって楽しかったです。

帰りの汽車の時間を見てもらうと遅かったので、それでは帰りは地下鉄で帰ることにしました。

地下鉄でもソウル駅まで1号線で乗り換えなしの1本で帰れるんです。

その代わり時間は倍の1時間ですが、1200W(カード使用)です。

地下鉄の改札まで送って下さって握手をしてお別れました。

本当に初対面の私を歓迎して下さって心から感謝しています。

また必ずいつかお会いしたいです。

Continue reading »

2008 冬のソウル 2日目③

ソウル駅に着くと、買った化粧品をコインロッカーに預けたかったのにロッカーは全部使用中で仕方なく持ったまま切符売り場へ。

ソウルから水原までは汽車で行くと30分です。

事前にご一緒してくださる韓国のお友達がちょうど良さそうな汽車の時間と料金を調べてメールして下さっていましたので大変助かりました。

12時40分にソウル駅に着いたのですが、ちょうど12:53発のムグンファ号というのがあって、駅の電光表示の案内にも出ていたのでそれに乗ろうと切符を買いに行きました。切符の列に並んでいる間にメモにハングルで「무궁화 12:53」と書いておいてそれを窓口に出しました。すると「オディカジ?」って聞かれました。

すっかり何処までか行き先を言うのを忘れていました。「スウォン」と言うと切符をくれて、よくわかるように時間や行き先にボールペンでマークを付けてくれました。

3200W払って切符を無事買うことが出来ました。

Kippu

乗り場もちゃんと行けるかと思ったけど、さっきの電光の案内にちゃんと何番乗り場かも出ていて2番乗り場に行くともう汽車が待っていました。

今思えば、ソウル駅の様子や汽車の写真、ホームの写真など撮れば良かったと思うのですが、あの時はちゃんと水原に着けるかどうかで頭がいっぱいで・・・・ちょっと残念です。

汽車は指定席で「6호차5석」とあったので、「6」と書いてある車両に乗って5番の席に座りました。

無事に汽車に乗ったものの、本当にこれであっているのだろうか?とか、反対方向に行ってしまったら?なんて急に不安になってきましたが、合っていたようでちょうど30分で無事に水原に到着しました。

駅の改札には、ちゃんとお友達が待っていて下さいました。

事前に写真をメールで送ってもらっていたのですぐわかりました。

ビョンホンさんよりひとつ年下というそのお友達は、とても女性らしい雰囲気でまた優しそうなやわらかい印象の方で安心しました。

私に付き合って下さると決まってから何度かドコモの携帯を通じてメールや電話で連絡を取り合っていました。本当に便利な時代ですね。

Continue reading »

2008 冬のソウル 2日目②

映画を見終わると11:30。

少し時間があったので、明洞まで歩いて行って、友達に頼まれていた化粧品を買いに行きました。

話題のBBクリームを最初に作ったHANSKINは、先日韓国語教室で先生がみんなの分をまとめて韓国のお姉さんに頼んで買ってくれたので持っていたのですが、BBクリームの上に塗るパウダーが欲しかったので行こうと思っていました。

明洞には韓国コスメの店がひしめき合っていますが、今はやはりTVで紹介されたBBクリームで有名になったエチュードハウスやサンウ君でお馴染みのTHE FACE SHOPが日本人には人気のようでした。中国の人も多かったですね。

でもHANSKINは値段も少し高めのせいか、お店はほとんど人がいなくて空いていました。日本人客も少ないのか日本語も通じません。パウダーが欲しいと言うとそれはBBクリームを買うとプレゼントに付いているというので結局BBクリームをもうひとつ買いました。目当てのものだけ買って次はお土産用に以前から気になっていたSKIN FOODを見に行きました。

ここはパッケージがとっても可愛くて、原料も基本的に人の口に入るものが売りなので良さそうな気がして気になっていました。

頼まれていたシートパックを数種類買って、色々見ていると足のカカト用のクリームがあったので買いました。

最近足の乾燥がひどくて靴下を履くのも引っかかる感じだったのでちょうどいいと思いました。安かったし!

Skinfood2

写真上がかかと用のクリーム。パッケージがかわいいので友達にも。

数点持ってレジに行きましたが、このお店はおまけにつけてくれるサンプルの数が半端でなく多くて嬉しかったです。これだけでも十分お土産になりそう。

Skinfood

これが貰ったサンプル類。(SKIN FOOD)

Hanskin

HANSKINもプレゼント、プレゼントと言ってパウダーの他にこれだけ付けてくれました。

違う日にTHE FACE SHOPでも少しお土産を買ったのですが、ここのおまけがあんまりでした。

クウォン・サンウのファイルです。サンウ君のファンは喜ぶだろうけど私は荷物になるだけでいらない!って感じでした。回りにもファンいないし・・・。サンプルの方が良かったです。

さて頼まれてた化粧品を買って、いよいよ水原に向かうため地下鉄でソウル駅まで行きました。

2008 冬のソウル 2日目①

二日目、この日の予定は、午前中にひとりで映画を見に行くこと。

そして午後は、今回の旅行を心配し友達が韓国ルバスのお友達を紹介してくれ、その方に世界遺産の水原をご一緒して頂くことになっていました。

映画を見たり水原に行ったりと私のプチ冒険がいよいよ始まるのです。

朝、早く起きて明洞でお粥を食べてから映画館へ行こうと前日は思っていたけど、少しゆっくりしていたらどうもお粥を食べてる時間はなさそう(汗)。

昨日お風呂に入らずに寝てしまったから朝、シャワーをしてバナナ牛乳を飲んで支度をし、事前に調べておいた映画館へ向かいました。

今回見ようと決めていた映画は、韓国で大ヒット中の映画『私たちの生涯最高の瞬間(우리생애 최고의 순간)』でした。

日本でも今大変注目を浴びているハンドボールの映画。

是非見たいと思っていました。

水原に行くためにソウル駅までの便が良く朝一に上映している映画館を調べたところちょうど、ホテルの最寄り駅会賢駅から2駅の忠武路駅に直結している大韓劇場がありました。ここなら終わってからもソウル駅まで3駅とベストでした。ここの映画館も昨日空港からのバスの中から位置は確認出来ていました。明洞からも歩ける距離です。

実はもうこの映画始まってから少し経っているのでソウルでも上映しているところが意外と少なくて・・・・。ここでこの時間にあったのはラッキーでした。

駅で降りたらもうすぐに地下に映画館の入り口があって全く迷うこともなくたどり着き、チケット売り場へ。

ドキドキしながら売り場のお姉さんに「ウリ センエ チェイコゥイ スンカン ハンジャン」と言うと通じたようでした。「9:20からの回でいいですか」と韓国語で聞かれて「ネェ~」と答え無事にチケットを買うことが出来ました。

Tiket

朝一番は安くて4000Wでした。ラッキー!!!

9時少し前だったので一旦、劇場の外へ出て隣のスタバでラテとサンドウィッチを買ってから入場しました。

上映するところは、とっても大きなスクリーンでしたが朝早いこともあってか空いていました。

あんな大きなスクリーンで映画を見たのははじめてかも?日本は最近こんな大きなスクリーンのあるところってないですから・・・。

やっぱり韓国で「いい奴悪い奴変な奴」を見たいって思いました。

Continue reading »

2008 冬のソウル 1日目③

ソウルレコードでCDを買い込んだ後、店を出たら外は日が暮れ道路沿いに入る時にはなかった屋台がずらぁ~っと立ち並んでいました。

この後は、前回のソウルで行って美味しかった狎鴎亭のトゥンナムチプ(藤の木)にサムギョプサルを食べに行く予定だったのですが色んな屋台を見ているとちょっと一杯やりたくなりました。

ちょうどその時に、ある屋台のアジュマにのぞみちゃんが引き入れられたので、そこに入ってみることに・・・。

お腹を空かすはずが(笑)。

屋台の中は、地元の人が何組か入っていました。

その屋台は鉄板焼きみたいなのと、ムール貝が山盛り茹で上げられたお鍋や、スープに練り物が入ったもの、にゅうめんみたいなものとかがありました。

私達はにゅうめんのようなのと、練り物の入ったスープのようなものを注文してみました。

そして焼酎!

227

228

屋台でこの緑の瓶からガラスのグラスで焼酎を飲む!これぞ韓国の醍醐味ですね。

スープも美味しかったです。

飲みながらアジュマたちの方を見ていると、鉄板で野菜炒めのようなものを作っています。

229

これがびっくり!野菜炒めにコカコーラをジャバジャバと入れながら炒めています。最後に少し残ったコーラをアジュマが飲み干したのには大笑いしましたが、いったいどんな味がするのかしら?最後にはコチジャンのようなのも入れていましたけど。確かにコーラって料理に使うといいって聞くけど・・・・。ダイナミックで面白かったです。

屋台なのでぼったくられたらと少し心配でしたが、全部で15000W。安い~!!!

そこからまた地下鉄に乗って狎鴎亭へ向かいました。同じ3号線なのですぐのはずが、間違って反対行きに乗ってしまったことに途中で気付き引き返しました。

この日は、本当に暖かい日で汗ばむ陽気だったのですが、地下鉄に乗っていると傘を持って乗ってくる人が・・・・。どうやら夜になって雨が降り出したようでした。

Continue reading »

2008 冬のソウル 1日目②

一人で韓国に行って見たい・・・・という思いは以前からあったのですが、一人だとご飯が困るなぁと思っていました。

コンビにもファーストフードもあるから困ることはないでしょうが、せっかくの韓国で美味しい料理が食べれないのは残念です。

そう思っていたところ、ちょうど先にツアーで旅行に行くと言っていたお友達のフリータイムの日と22日が合うことがわかり、6連休の最初の22日から旅行することに決めました。

お友達とは、こちらでも時々コメント書いて下さるYOSHIDAさんで昨年から個人的にもとても仲良くさせて頂いているオンニです。

初日は私がソウルに着くまでお昼を待ってて下さったので、ホテルに着いたら2時でしたが、それからオンニにいる世宗ホテルまで急いで歩いて行きました。

もう2時半になりかけていましたが、無事に会うことが出来てオンニの職場のかわいいお嬢さん、のぞみちゃんと3人で明洞に海鮮鍋を食べに行きました。

行ったのは有名なオモニチプ

このお店って有名なので観光客専門のようになっていますが、それでも評判はなかなかいいようです。ただ、メニューを見せて注文したもの以外に色々と薦めてくるのでそれに押されないようにするのがいいと思います。

221

まずは・・・おかず。

222_2

たっぷりイカとにらの入ったチヂミ。

223

メインの海鮮鍋。魚介がいっぱい!

224

のぞみちゃん注文のユッケ!美味しかったです。

225

海鮮鍋のシメはご飯。雑炊のようなのではなくチャーハンみたいな感じでこれ美味しかったです。

しっかりビールを飲みました。

帰りにはヤクルトをお土産にくれました。

なんだかYOSHIDAさんと一緒にソウルでご飯を食べてることがとっても不思議でした。でもほんとこういう料理は絶対一人では入れないし色々食べれないからあり難かったです。

Continue reading »

2008 冬のソウル 1日目①

さて、2008年2月・・・私の2度目のソウル旅行記です。

今回は急に決めた旅行だったので、向こうでお友達と会う約束はあるものの基本一人旅です。

2/22、朝の5時10分・・・・タクシーに迎えに来てもらいました。

以前はリムジンバスで関空まで行っていましたが、最寄のバス停が廃止となったためにMKタクシーのスカイゲイトシャトルという乗り合いのジャンボタクシーで往復空港まで移動しました。

9時半のソウル行きに乗るためには、こんな早い時間になってしまいます。

前日仕事から帰って、留守中のカレーとおでんを作って家を片付け、洗濯し・・・・やっと荷造り出来るようになったのが、もう深夜でした。

用意してから寝ると寝過ごしそうで気が気でなかったので、ほとんど眠れないままの出発でした。

空港まで寝ていたらいいのですが、結構目がさえて起きていました。

関西空港が近づいて大きなあの橋を見たらいよいよ行けるんだという喜びが沸いてきました。

空港に着いたらちょうど7時。今回はANAで予約をとって、行きはアシアナだったのですが、早く着いたのでチェックインカウンターに行ったら二人目でした。

少し待ってチェックイン開始でスムーズに手続きも済みました。

何度か海外には行っていて、空港から自分でチェックインして乗る旅行がほとんどで慣れていましたがたった一人で行くのは初めてでした。

荷物を預けたので、空港のスタバで朝食。その後、空港のPCで「行ってきます」のお知らせをここのブログに書いた後、飛行機に乗り仁川に向かいました。

前回は大韓航空でしたが今回はアシアナ。

アシアナの客室乗務員は皆さんとっても美人でびっくりしました。

空港まで行って、飛行に乗るまでに4時間ほどかかるのに、飛行時間は約2時間。あっという間ですよね。

到着の少し前にユニセフの広報CMが流れて初めてアン・ソンギさんとビョンホンさんのCMを見ることが出来ました。

この日は向かい風が強かったそうで少し飛行機の到着が遅れました。

Continue reading »

08-02-26

ただいま!

昨日の夕方、無事に家に着きました~。

日本はとっても寒かったようですね。

また雪が積もったとか!

ソウルの気候は着いた日は上着を脱いでも汗ばむほど暖かかったですが、

翌日は冷え込んで夕方になっても地面が凍てついていました。

3日目はちようどいい感じだったでしょうか・・・。

気温はきっとソウルのほうが低いと思いますが、寒さの体感は日本の方がきついかな・・・・って思いました。

私はなぜか冬に旅行に行くことが多くて、独身時代に2回北京に行きましたが、どちらも2月でその冷たさと言ったらすごかったですから、今回ソウルでもそれに比べたら寒いとは思いませんでした。

でも帰りの仁川空港へ向かうバスの中から見た海は岸の方が白く凍っていたようなのでやっぱり相当冷えていたんでしょうね。

いない間に、びっくりしたことがふたつ。

ひとつは帰りの飛行機で見た新聞で知りましたが、ロス疑惑でした。

えっ?今になってまた???ってちょっと衝撃でしたね。

そしてもうひとつが、ビョンホンさんのフィルムツアー2008でした(笑)。

今、撮ってきた写真のサイズを小さくする作業をしています。

結構面倒なんですが・・・・。

それが出来たら今回の旅行記を書いていこうと思いますのでもうちょっと待っていてくださいね。

とりあえず、元気に帰ってきたご報告でした。

08-02-22

ソウルへ行ってきます

今、関西空港です。

9:30のアシアナ便で、ソウルに行ってきます。

月曜に帰ってきます。

今回は一人での旅行なのですが、着いたら今日はお友達と会ったり、

明日も友達が紹介してくれた韓国の方が一緒にいて下さる予定です。

3日目は全くの一人になりますが、それはそれでなんだかとっても楽しみです。

今回は、1本・・・・映画が見れたらいいなぁって思っていますがどうなるでしょう。

また帰ってきたら楽しいお話が出来るといいですが・・・・。

では、行ってきます~!!!

08-02-20

DVDのジャケットが出来たようです(収録内容追記あり)

THE Shin Seung Hun SHOW-Chirismas Miracle in Japan THE Shin Seung Hun SHOW-Chirismas Miracle in Japan
価格:¥ 6,300(税込)
発売日:2008-03-26

3/26発売になるクリスマス公演のジャケット写真がやっと出ました。

あと約1ヶ月楽しみですね。

先日放送があったフジ721のものとは多分違う編集だと思います。

DVDの編集にはスンフンさんご自身参加されているのでいいものになっていると思います。

ただ、著作権の関係で難しい部分があるって言ってたので、他の人の曲を歌っている部分などがカットになっている可能性もありますね(ギターのコーナーとかかな)。

昨日、遅れていたコメントのお返事やっと書けました。

本当に遅くなってしまってごめんなさい・・・。

Continue reading »